So-net無料ブログ作成

QE2横浜~香港(18)3日目-2:鹿児島入港、歓迎イベント [客船クルーズ乗船記]

2004年3月3日(水)[続き]:鹿児島港へ入港、船内でも歓迎イベント

 クルーズ3日目が始まりました。鹿児島港への入港予定時刻は、朝8:00です。

 7:30前起床し、デッキに出てみると、船はすでに岸壁の前で回頭し始めていました。

 北東方向には、桜島が見えています。

 鹿児島での停泊場所は、市街地からちょっと離れた谷山地区の方でした。まだ、マリンポートかごしまはありません。

 現在の名称では、谷山一区1号岸壁になります。以下のGoogle Mapの中央部分です。


大きな地図で見る

 180度回頭するのに、20分ほどかかっています。 

 QE2が着岸する1号岸壁です。向かって左側に事務所のような建物、左側には、30台以上の観光バスが待機していました。

 地元のテレビ局のカメラマンでしょうか・・・

 7:50、まもなく着岸です。岸壁では、ブラスバンドによる歓迎演奏が始まりました。

 観光案内所も設置されていました。「ようこそ南国かごしまへ」、「Welcom to Kagoshima」の看板、そして、QE2いらっしゃいの垂れ幕も。

 8:45から、鹿児島市による歓迎セレモニーが開催されるとのことで、朝食は後回しにして、クィーンズルームへと足を運びます。

 すでに船長以下QE2側の上級オフィサー、鹿児島側関係者(ミス鹿児島も)が揃っていました。

 鹿児島側からの歓迎の挨拶が始まっていました。写真左側が、QE2のイアン・マクノート船長です。

 鹿児島側からの花束贈呈、QE2側からの記念盾の贈呈と続きます。

 

 最後は、船長からの挨拶です。

 会場は、関係者含め、多くの人で溢れていました。

 9:00からは、日本伝統舞踊のお披露目です。

 

 朝食は、ザ・リドで簡単にすませました。

 ザ・リドでの朝食については、この日写真を撮っていなかったので、4日目の記事で紹介します。

 鹿児島市街地へは、無料のシャトルバスが出ています。昨日買っておいたお土産と使わなくなった着替えを詰め込んだ大きな紙袋を抱えて、出かけていきます・・・続きを読む(CLICK!)


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 6

極(Kiwamu)

外国客船に乗って国内寄港、いいなぁ~。。。
それにしても薩摩はかつて英国と戦った地でしたよね(^^;
by 極(Kiwamu) (2009-08-12 12:47) 

クルーズファン

 こんにちは
 私たちはこの歓迎式典に参加しなかったと思います。(全然記憶にないです)何をしていたのかしら・・・
 マクノート船長の顔はよく覚えています。懐かしいです。
by クルーズファン (2009-08-12 14:34) 

きらきらぼし

岸壁のブラスバンドは、はっきりした記憶がないのですが、
クィーンズルームの歓迎式典は、参加しました。
これを見た後、薩摩藩主島津家ゆかりの、仙巌園に観光に行きました。
by きらきらぼし (2009-08-13 13:56) 

くりぴん

極(Kiwamu)さん、こんばんは。
外国客船による国内寄港は、この一回だけです。外国人乗客に混じってシャトルバスに乗るという貴重な体験をしました。
生麦事件(近所です)を発端とした薩英戦争ですね。今回のオプショナルツアーに、由来の地を訪れるコースがあったのか、興味深いですね。
by くりぴん (2009-08-13 20:55) 

くりぴん

クルーズファンさん、こんばんは。
ひょっとして、オプショナルツアーの方に出かけられいらっしゃたのでは?
9:00集合になっていたようなので・・・
by くりぴん (2009-08-13 20:56) 

くりぴん

きらきらぼしさん、こんばんは。
仙巌園、良いところですよね。磯庭園と呼ばれていた頃、中学校の修学旅行で行ったことがあります。
QE2は、薩摩藩とも縁が深いようで、船内に飾られていた鎧兜は、鹿児島市から贈られたものだとか、薩摩藩主のものだったのかも。引退後、あの鎧兜は何処へ・・・
by くりぴん (2009-08-13 20:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。