So-net無料ブログ作成

QE2横浜~香港(10)2日目-2:最初の朝食 [客船クルーズ乗船記]

2004年3月2日(火)[続き]:QE2での初めての朝食、乗船説明会

 2日目が始まりました。鹿児島へ向けての終日航海日です。

 前夜は、太平洋上を日本列島に沿って航行していたこともあり、それほど揺れることはありませんでしたが・・・

 さすがに年季の入った船だけあって、キャビンの空調がうまく効かず、寒くて仕方ありませんでした。結局、夜中に毛布を持ってきてもらいましたが、おかげでやや寝不足気味。

 それでも、8:00前には起床し、まずは朝食です。昨夜と同じカロニアレストランでしっかりいただきました。

 カロニアレストランの朝食メニューです。メニューは貰えなかったので、レストラン前に掲示してあったメニューの写真です。(読みづらくてすみません)


画像クリックで拡大表示

 見慣れないメニュー構成です。この並びは、イギリス流?

  • Fresh from the Bakery ・・・ 10種類以上のパンやマフィン
  • Assorted Chilled Fruit and Vegetable Juices ・・・ 8種類のジュース
  • Seasonal Fresh Fruit ・・・ 8種類のフルーツ
  • Compote ・・・ 4種類のコンポート
  • Dried Fruites and Nuts ・・・ 10種類の干果物、ナッツ
  • Yogurts ・・・ 5種類のヨーグルト
  • Preserves and Spreads ・・・ ジャム、バターなど
  • Beverages ・・・ コーヒー、紅茶、ミルクなど
  • Hot and Cold Cereals ・・・ 10種類以上の温/冷シリアル
  • From the Griddle ・・・ パンケーキ、ベーコン、ソーセージなど
  • Eggs and Omelets Cooked to order ・・・ 各種卵料理
  • Fish ・・・ スモークサーモンなど4種の魚料理
  • Assorted Cold Cuts and Cheese ・・・ 5種類のハム、5種類のチーズ

 これだけあると目移りしてしまいます。最初は戸惑いましたが、思いつくまま適当にオーダーしました。

 家内がオーダーしたのは・・・


フルーツヨーグルト


ワッフル、メープルシロップ

 私は、まず、


フルーツ盛り合わせ

 そして、yotajiiさんお薦め、イギリスでは代表的な朝食メニューの・・・


キッパー(鰊)のグリル

 さらに、お腹も空いていたので、


ソーセージとパンケーキ、ブルーベリージャム添え

 1皿ずつサーブしてもらえるので、温かい料理は、温かい状態でいただけました。

 レストランでいただくのも、朝から優雅な気分を味わえる点では良いのですが、いかんせん時間がかかる(1時間ほど)のが難点です。3日目以降は、朝の忙しさ度合いに合わせて、ザ・リドとを使い分けることになりました。

 朝食後、9:15からの乗船説明会に参加しました。横浜から乗船した日本人向けの日本語による説明会です。これからいろいろとお世話になる、日本人コーディネーターの村上アツシさんによる説明を受けました。

 これに続いては、PTSさんのツアー参加者だけで、添乗員さんによる船内ツアーに参加しました。

 手際よく船内を案内していただき、大まかな概要を掴むことができましたが、じっくり写真を撮る間がなかったので、ここでは写真は割愛します。

 後日、自分たちのペースでゆっくり見て回ったので、船内の紹介は、いずれ改めて・・・

 昨日の添乗員さんのメモにあった"シーシックタブレット"をもらってみました。酔い止め薬は、日本から持参していたので、これを服用することはありませんでしたが、記念ということで・・・

 中身は、Phenergan 25mg(フェネルガン)が2錠(1回1錠)入っています。つわりの薬のようで、結構強い薬のようです。

 この後、午前中のメインイベント、Cooking Demonstration(料理の実演)を見に行きます・・・続きを読む(CLICK!)


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 3

クルーズファン

 こんにちは
 我が家も朝食はリドが多かったです。
 船内は本当に寒かったです。何か一枚はおらなければ行けない感じでした。
 乗り物には絶対の自信を持っていた主人が船酔いしてしまいました。診察室に行って酔い止めをもらってきましたが服用の方法がよくわかりませんでした。(確かこんな袋に入っていました。)
 
by クルーズファン (2009-07-30 13:52) 

くりぴん

こんばんは。
外も寒かったので、あんなに船内を冷やす必要はなさそうですが、外国船は一般に冷房をがんがんかけているケースが多いですよね。
ご主人の船酔いは、後半の揺れの時だったんでしょうか。
ウチは、日本から持って行った酔い止め薬でなんとか乗り切ることができました。
by くりぴん (2009-07-30 22:32) 

クルーズファン

 こんにちは
 主人の船酔いは東シナ海に入ったときだったと思います。リドで食事をしていて急に「なぜかご飯がたべたくない。」と言い出しました。風邪を引いても熱を出しても食事はちゃんととる人なのでビックリしました。その時テーブルの上に乗っていた食器がざ~~と流れて床に落ちました。「大きな船でも揺れるんだ」とこの時思いました。
by クルーズファン (2009-08-01 11:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。