So-net無料ブログ作成

QE2横浜~香港(6)1日目-6:ディナー、横浜出港 [客船クルーズ乗船記]

2004年3月1日(月)[続き]:最初のディナー、横浜出港

 予定時刻を過ぎても出港する気配がないので、ドイチェランドを見送った後、夕食をいただきに行きました。インフォーマルなので、スーツに着替えて・・・


レストラン入口

 QE2のレストランは、客室カテゴリーによって別れており、ウチは、クォーターデッキ中央にあるカロニアレストランです。

 入口、左側には、料理長やメートルディーの写真と共に、その日のメニュー(英語)が張り出されています。

 右側には、高級ワイン(?)がずらりと並べてありました。飛鳥IIより豪華!

 さて、レストランで最初に気になるのが、どのテーブル席になるかです。クルーズ中、同じ指定席となりますので、二人席ならともかく、相席となるとちょっと不安も。

 キャビンには、テーブル予約カードが置いてありました。名前、キャビン番号、そしてレストランのテーブル番号が書かれたカードです。これだけだと、二人席か相席かはわかりません。

 このカードを持ってレストランに行き、案内されたのは、入口から入って右側の一角、窓際の6人掛けの長方形のテーブルでした。

 まわりを見渡すと、日本人ばかり(同じツアーの人だけではありません)。どうも日本人(のツアー客?)は、みんなここに集められていたようです。

 自分の席から見たレストランの様子です。写真の左側が、レストラン入口になります。

 しばらくして同席の方が見えられました。阪急交通社のツアーで参加された年輩のご夫婦でした。クルーズが初めてということで、話が合って良かったです。

 結局、この6人掛けのテーブルは、このご夫婦とウチとの二組ということでした。

 メニューは、日本語のものが用意されていました。英語版をそのまま翻訳したものなので、ちょっと違和感を感じるところもありますが、分かりやすくて英語版と見比べる必要もありませんでした。

 右側は、シェフのお薦めではなく、ヘルシー志向の方へのお薦めチョイス。そして、ソムリエからのお薦めワイン。ボトルで薦められても・・・


画像クリックで拡大表示

 左側が、コース料理の選択メニューになっています。前菜から始まり、スープ、サラダ、主菜、デザートまで、それぞれ3~4種類から選ぶことができます。また、日替わりですが、サラダと主菜の間に、リゾットやパスタなどのメニューも用意されています。


画像クリックで拡大表示

 それぞれ一品ずつオーダーしていたら、体が持ちそうにありません。この中からピックアップしていただくことになります。

 船は、19:00過ぎには出港していたようです。後から聞いたところ、ショアエクスカーションのバスが渋滞にかかり帰りが遅れたためだったそうです。

 注文が終わり、最初の料理が出るのを待っている頃(19:30頃)、横浜ベイブリッジを通過していきました。席から、窓越しで撮った写真です。

 前菜が運ばれてきました。4種類の中から選んだのは、次の2皿です。もちろん、一人で2皿ではなく、家内と私の分です。


鮭の薫製 サラダ、ディルマスタードドレッシング添え

 大振りのスモークサーモンでした。

 そして、私の方は・・・


ハムの盛り合わせ アヴォガドと西洋ワサビのチャツネ添え

 ここまでは、意外と量が少なめです。

 スープは、3種類からの選択です。

 
クリーミーなトウモロコシのスープ(左)
チキン・コンソメ チキン・ダンプリング、野菜入り(右)

 サラダとリゾットは、パスしました。

 主菜です。魚料理、肉料理、鴨料理からの選択です。

 魚料理は・・・


生姜入りバジル風味ピンクスナッパー(タイ科) パイナップルとマンゴーの薬味

 もう一品は、鴨料理・・・


鴨胸肉のロースト アニス酒と生姜風味
新鮮な野菜の炒めもの、しょうゆ風味の卵麺添え

 ちょっとオリエンタルな雰囲気があります。

 写真はありませんが、パンもあります。希望すれば、御飯もいただけるとか。

 主菜で、お腹いっぱいになってしまうのですが、デザートは、別腹。しっかりいただきました。何せ、メニューにもあるとおり、充実しているんですよねぇ。


マカダミアナッツ・パフェ アップル・チャツネ

 強烈に甘い!です。


無糖デザート:リンゴとブラックベリーのクランブル添え

 こちらは、無糖デザートとありますが、砂糖を使っていないだけで、決して甘くないわけではありません。

 事前の情報収集から、あまり過大な期待をかけていなかったのですが、結構美味しかったです。にっぽん丸に乗船した直後だったので、ついつい比較してしまうのですが、大雑把な盛り付けにはガッカリ、でも、多彩な選択肢はそれを補うくらいのものがあったと思います。

 優雅な雰囲気の中での2時間かけたディナー、初日から満喫することができました。

 食事の途中、ちょっとしたアクシデントもありました。東京湾内を航行中、外から光が差し込んできたので、追っかけの小舟かなと思っていたら、船に横付けされました。しばらく経つと、タンカに乗せられた人が搬送されていくのが見えました。急病人だったのでしょうか。

 ゆっくり食事をとっていたので、時計は、21:30を回っていました。

 メインショーへと出かけます。この日は、ピアノによるクラッシックコンサートでした。

 写真も無いのですが、あまり記憶もありません・・・初日から早起きしたせいで、眠っちゃっていたのかもしれません(笑)。

 いつもなら、ここでお夜食となるところですが、初日は抑えめにということでパス。

 東京湾を出たQE2は、軽く揺れ始めまていました。翌日の船内新聞を眺めながら、予定を立てます・・・続きを読む(CLICK!)


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 4

hide

トウモロコシのスープ!
笑っちゃいました。ほんと,忠実に日本語にしてくれていますね。コーンスープの方がしっくりくるんですけど・・・
細かいところまで載せてくださるので,本当に自分が船に乗っているような気分を味わっています。続きも楽しみにしています。
by hide (2009-07-24 11:08) 

クルーズファン

 こんにちは
 今日飛鳥Ⅱが世界一周から帰ってきました。楽しい思い出もいっぱいできたことでしょう。いつか私もきっと行きたい! 行けるかな~~
 私たちは入って右側の方の真ん中あたりでした。テーブルは8人掛けでしたがご夫婦2人と親子3人のグループと一緒でした。とても旅慣れた(クルーズ慣れた)方々でお話は楽しかったです。緊張していて食べたものなど覚えていません。
 
by クルーズファン (2009-07-24 11:40) 

くりぴん

hideさん、こんばんは。
記事中の料理名は、あえて日本語メニューに書いてあるがままに記載してみました。自分でも入力しながら「これはスモークサーモンだよねぇ」とか、ぶつぶつ言いながら書いています。
by くりぴん (2009-07-24 21:15) 

くりぴん

クルーズファンさん、こんばんは。
飛鳥IIでは、無事、皆既日食を見ることができたとか。世界一周クルーズのフォトエッセイには、4回にわたって皆既日食の記事が掲載されています。天候にも恵まれたようで、参加された方は、大満足だったでしょう。
http://www.asukacruise.co.jp/focus/photoessay.php
QE2のテーブル席は、お隣か、そのお隣だったようですね。ガラディナーの時に、そちら方向を写した写真があるのですが、その中にいらっしゃるかも。
by くりぴん (2009-07-24 21:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。