So-net無料ブログ作成

QE2横浜~香港(1)1日目-1:乗船  [客船クルーズ乗船記]

2004年3月1日(月):QE2乗船まで

 いよいよ、QE2横浜~香港クルーズのスタートです。

 昼食後、大きな荷物と共に、横浜港大さん橋客船ターミナルへと向かいました。

 ターミナルに到着したのが、14:45頃。受け付け開始時間の15分ほど前でした。

 ターミナル入り口にある客船の入出港予定表と館内案内です。このころはまだ、手書きのボードでした。

 まずは、PTSさんの受付カウンターに向かいます。ターミナル内は、乗船受け付け開始を待つ人で溢れていました。

 

 外国客船入港時恒例の着物試着コーナーも、もちろんありました。

 QE2の乗船手続きは、客船ターミナル内で行うようになっていました。この後、鹿児島に寄港しますので、横浜での出入国手続きはありません。

 乗船受付が始まったのは、15:30過ぎ。大きな手荷物を預け、受付カウンターで手続きを行います。

 

 手続きと言っても、乗船券とパスポートを提示するだけ。ここで顔写真が撮られて、乗船カードが発行されます。

 その場でできあがった顔写真入りの乗船カードです。

 プラスティック製ですが、磁気カードではなく、バーコード方式になっています。キャビンのキーになっているわけでもなく、乗下船時の本人確認使うくらいでした。飛鳥IIの時のように、首に掛けておく必要はありません。

 乗船口では、記念撮影が行われていました。QE2のカメラマンに撮ってもらった最初の1枚です。

 乗船後すぐに、PTSさんのツアーに参加した人向けにオリジナル船上説明会(16:00~)が行われるということで、キャビンに荷物を置くなり、会場となるクイーンズルームへ・・・

 クイーンズルームでは、ちょっと遅めのアフタヌーンティー(16:00-17:00)が、始まっていました。

 ここで、添乗員さんとのご対面と船内生活の説明を受けました。

 右も左も分からないままですが、アフタヌーンティーは、しっかりいただきました。もちろん、英国流ということで、紅茶と胡瓜のサンドイッチです。

 今回、PTSさんのツアーで参加されていたのは、ウチを含め26名でした。女性同士で乗船されているケースが多かったです。

 そして、添乗員さんは、PTSクルーズデスクの小田切さんでした。今も、PTSさんのパンフレットの最後に写真入りで紹介されている方です。ちなみに、その隣の土橋さんには、2005年のアラスカクルーズの時にお世話になりました。

 QE2では、出港前に避難訓練(17:15~)が予定されています。船内を見て回る時間もなさそうななので、キャビンに戻り、荷物解きです・・・続きを読む(CLICK!)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。